読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デル製 ノートPC XPS13

f:id:yu1_nozo:20170430161558p:plain

コンパクト、魅せるノートPC!

  1. 筐体
    • フレームレスディスプレイ(ベゼル幅5.2mm)でスッキリとしたデザイン、11インチの筐体に13インチのディスプレイ。
    • 本体カラーが、シルバー以外にもローズゴールドがある。ローズゴールドは男性でも違和感なく使用できるが、女性が使用していると更に様になる。
    • 最小重量が1.2Kg~、女性が持ち歩くには辛いと思います。
    • ドライブがSSDの割に起動時間が早くない(特段遅くもないが20秒はかかる)。
    • 液晶画面の解像度が高く(1920×1280)or(3200×1800)見やすい。タッチ対応ディスプレイはGorilla Glass NBTで、一般的なガラスより10倍程傷に強い。
    • 最大170°広視野角のIGZO IPSパネル
    • ディスプレイが開くヒンジ角度は130°迄、180°迄は開きません。
    • 幅304mm×奥行き200mm×高さ9~15mmとコンパクト。
  2. インターフェイス
    • USB:Type-C(USB3.1)×1、Type-A(USB3.0)×2(電源オフUSB充電機能付×1)
    • モリースロット:SDカードリーダー(SD,SDHC,SDXC)
  3. キーボード
    • f:id:yu1_nozo:20170430161724j:plain
    • 日本語だと、半角キーが少し小さめですが、EnterキーはDELL製ノートPCの割には大きめです。
    • バックライトキーボードで、暗い場所でも打ちやすい。
    • パームレストはカーボンファイバ素材で安定感があり、手触りも滑らかで気持ち良い。
    • クリックボタン一体型ですが、感度は問題ありません。
  4. 主なスペック
    • 基本OS:Windows 10 Home/Pro 64bit
    • CPU:Intel Core i5-7200U/i7-7500U
    • メインメモリ:4GB/8GB/16GB
    • SSD:128GB/256GB/512GB
    • ディスプレイ:13.3型ワイド(1920×1280)
    • カメラ:ワイドスクリーンHD Webカメラ
    • 通信:802.11acデュアルバンド(2×2)WiFi+Bluetooth4.1
  5. 販売価格
    • 174,398円:Windows10 home 64bit、インテル Corei5-7200U、メモリ 8GB、SSD 256GB、Office Personal Premium(2017年4月現在、直販サイト)
    • スペックやクーポンにより、価格は異なります。
  6. まとめ
    • 11インチの本体サイズに13インチのディスプレイを備えたコンパクトPC。その割に重さ1.2Kg~と、常に持ち運ぶには辛いですが。
    • シャープなアルミのボディにゴールドのカラー、高彩色ディスプレイと見た目重視の方に特にオススメです。かと言って、中身が伴っていないわけでもなく、中身と価格のバランスが取れているノートPCとして広く候補になりえるものだと思います。
  7. 関連リンク

デル製 2-in-1 PC Latitude5285

Latitude5285 2-in-1

タブレットもノートパソコンも欲しい!

  1. 筐体
    • タブレットのみの重量が0.86kg、キーボード装着時は1.19kg。1kgを超えると、常に持ち歩くのは重く感じるが、1.2kgを切っているのでモバイル範囲内か。
    • DELL製パソコンは全般的に起動が遅い!のですが、M.2接続SSDなので他に比べると比較的早い(15秒位はかかる)。
    • 液晶画面の解像度が高く(1920×1280)見やすい。Corning Gorilla Glass4で落下や傷に強い。
    • 本体はメタリックで、キックスタンドと本体のツートンが、高級感ある塗装仕上げ。
    • オプションで、キーボードやアクティブペン、DELL Dockに対応。
  2. インターフェイス
  3. Latitude5285 トラベルキーボード (別売)
    • latitude5285キーボード
    • 日本語だと、半角キーが少し小さめですが、EnterキーはDELL製ノートPCの中では大きめです。
    • 据置型ノートPCに比べると劣りますが、薄型の割にはたわみも少なく、打ちやすい方です。
    • タッチパッドの滑りがとても良く、手触り抜群です。
    • キーボードカバーにもなる一体型で、マグネットで本体と接続します。
    • 直販サイトの価格は、17,000円(英語)~21,700円(日本語)。
  4. 主なスペック
  5. 販売価格
    • 208,980円:Windows10 pro 64bit、インテル Corei5-7200U、メモリ 8GB、SSD 256GB、Office Professional2016(2017年4月現在、直販サイト)
    • スペックやクーポンにより、価格は異なります。
  6. まとめ
    • 基本的には法人モデルです。マニュアルが英語しかなかったりしますので、パソコンにある程度の知識が必要ですが、法人サポートはしっかりしています。ファンレスではないので、周りが静かだと、稀にファンの音が気になる程度です。その分、熱はこもらず、タブレット使用で熱いと感じることはありません。ACアダプタは小型ですが、緑のアース線が邪魔で格好悪いのは、DELL製品の良くない部分です。キーボード接続してブログ書いたり、タブレットモードで寝転がって動画見たり等色んな使い方ができるので、総合的には良い製品だと思います。
  7. 関連リンク

富士通 ノートPC LIFEBOOK UH75/90(WU2)シリーズ

f:id:yu1_nozo:20170416163727j:plain

薄い!軽い!コンパクト!

  1. 筐体
    • 部品1つ1つにまでこだわり軽量化(最軽量モデルが761g)。常に持ち運んでも疲れにくい。
    • M.2接続SSDで、起動やシャットダウンがとにかく早い。起動は約10秒。
    • サイズが、309mm(幅)×212.5mm(奥行)とコンパクト。A4より少し長い位。高さが、15.5mmと薄い。
    • ノングレア IGZOディスプレイで、目が疲れにくく、省電力。
    • バッテリーが、25Wh約8.3時間~50Wh最大17時間(100g程重くなります)。ACアダプタが小型。
    • Windows Hello対応指紋認証でセキュリティに強い。
    • ハイレゾ対応ヘッドホンで音が良い。
    • 塗装が安っぽくない、汚れにくい。
    • 拡張性が高く、多くのインターフェイスに対応。
  2. インターフェイス
  3. 主なスペック
    • 基本OS:Windows 10 Home/Pro
    • CPU:Intel Core i5-7200U/i7-7500U
    • メインメモリ:4GB/8GB/16GB
    • SSD:128GB/256GB/512GB
    • ディスプレイ:13.3型ワイド(1920×1080)
    • カメラ:HD Webカメラ内蔵
    • 通信:802.11a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth V4.1準拠
  4. 販売価格
    • 154,800円:Windows10home 64bit、インテル Corei5-7200U、メモリ 4GB、SSD 128GB、Office Home&business(2017年3月現在、直販サイト)
    • スペックやクーポンにより、価格は異なります。
  5. まとめ
    • 富士通のパソコンらしい、質実剛健な作り。USB×3、HDMI端子、有線LAN、指紋認証を、薄型で軽量な本体に収めています。もし不具合が起きた際にも、日本メーカーの保証と安心感が得られます。少しこだわると価格が20万円位にはなりますが、仕事とプライベート両方で使えるので、パソコンの出番が多い方にはお買い得ではないでしょうか。
    • 難点としては、キータッチの重さを2段階に分けているが、メインのキーがかなり堅く感じる。軽く素早く入力する場合、頻繁に入力間違いが起こるため、イライラさせられる。NECTOSHIBA製パソコンの柔らかいキータッチに慣れている方は、少しツライと思われます。実店舗での試し打ちをオススメします。また、イヤフォンやヘッドフォンを接続すると音の良さが分かるが、それら無しに聞いてみると至って普通(悪くはない)。
  6. 関連リンク

デル製デスクトップPC OptiPlex 9020

f:id:yu1_nozo:20170416013235j:plain

コストパフォーマンスが高い、ハイスペックPC

まず、デル製PCの良い点として

  • デル製PCは全般的に、あらかじめ勝手に入れられているソフトはほとんどなく、スペックの割に価格が抑えられている。
  • スペックについても、カスタマイズできる部分が多く、自分好みのPCを無駄なく作成することが可能。他メーカーに比べると、Webサイトのスペック比較が見やすい。

悪い点

  • PCにある程度の知識がないと、多くの種類があることで、分かりにくいと感じられるかもしれません。

Optiplex9020シリーズは高スペックでビジネス使用に耐えうるものですが、2016年末位にOptiplex7050シリーズへと新しく移行したようです。Coreプロセッサーが、第4世代インテルCore i シリーズから、第7世代へ進化しています。価格、省エネ性能なども考慮して、今後はOptiplex7050シリーズをオススメします。

<関連リンク>DELL販売サイト

デル製23インチ ワイドモニタ P2317H

f:id:yu1_nozo:20170416002831j:plain

仕事用のPCモニターとしてオススメ!

  1. レビュー
    • 良い点
      • ちらつきがかなり少なく、目が疲れにくい。
      • 色味は自然ながら、コントラスもあり見やすい。
      • 横と縦に画面の向きが簡単に変えられる。
      • 横向きだと、ファイル2つ並べて難なく作業できる。
      • 縦向きだと、WEB・DTPの作業でも見やすい。
      • 角度と高さの自由度が高く、自分好みの位置で見れるので、姿勢が楽。
      • 背面にUSBの接続ポートがある。
      • ベゼルが細く、無駄のないスッキリとしたデザイン。
    • 悪い点
      • ビジネス使用として問題ではないが、DELL製品によくあるブラックマットの質感で、デザインは無難。
  2. 主なスペック
    • 対角表示サイズ:58.42cm(23.0インチ)
    • アスペクト比:16:9
    • バックライトテクノロジー:LED
    • ディスプレイ・スクリーン・コーティング:アンチグレア及び3Hの耐久性
    • 接続方法:DP×1、HDMI×1、VGA×1、USB3.0×2、USB2.0×2
  3. 販売価格
    • 20,800円(2019年3月現在、直販サイト)
  4. 関連リンク